御徒町で隠れた名店も見つかる出張マッサージ

格安で引き受けてくれる出張マッサージ店があったので、利用しました。その分細かい施術箇所を指定できなかったり、アロマの選択肢が少なかったりと限定的な側面もありましたが、差別化が出来ている印象を受けました。電話での受付は丁寧で、接客の質を下げているよりも、その他の面でコストカットしているように思いました。当日は疲労があったわけではないですが、時間的に余裕があったので、新規開拓という思いで利用する事にしました。スタッフの方が自宅へ来て、簡単なカウンセリングを済ませて、早速マッサージをやってもらいました。気さくで面白い方だったのを覚えていますが、それ以上に施術が上手くて、満喫した時間を過ごせた事が良かったと思っています。機会がある度に出張マッサージを活用しているのですが、高級店や評判の高いお店と変わらない施術で、また依頼したいとも思うようになりました。もちろん金額の差もあり、タオル等は軽微な物が多かったですが、スタッフそのものの技術は虜になるレベルの高さを感じました。力の入れ方が特に配慮の行き届いたもので、個人経営として営業出来ている理由も納得出来ました。プランやコース内容はざっくばらんなものでしたが、新しい経験が出来て良かったです。

家族連れで訪れるのにも楽しい地域「御徒町」

関西で生まれ育ったので、関東の地理には詳しくなくて最初に「御徒町」という地名を見たときにどう読めば良いのかわかりませんでした。
「御徒町」は「おかちまち」と読むのだと知ってからはおもしろい名前だなと思って忘れることはありません。
どうして御徒町という地名ができたのかを調べてみました。
そのあたりには江戸時代にたくさんの武士が住んでいたそうです。
武士と言うと位の高い人から下級までいろいろですが、御徒町には下級の武士が多かったとか。
つまり位の高い武士のように馬に乗ったり籠に乗ったりすることはできない武士たち。
歩くことが移動の手段になっていたのです。
歩くことを「徒(かち)」と言ったのが江戸時代で、そういった下級武士は「おかち」と呼ばれていたようです。
なかなか生活も大変だったようで、内職などをして禄と呼ばれるお給料では足りない分を稼いでいたとか。
時代はどんどん進んで現代では武士が住んでいたとは思えないような賑やかな地域になっています。
東京の下町の明るく親しみが持てる雰囲気が多くの観光客を迎え、日本国内だけでなくたくさんの国の観光客が訪れる場所のひとつになっています。

ホームに戻る